FC2ブログ

    ショートショート

    ここでは、「ショートショート」 に関する記事を紹介しています。
     宇宙人と宣教師という組み合わせを思いついた。
     星新一も言っていたように、アイデアとは異質なものの組み合わせである。
     このアイデアは既に誰か思いついていそうなものだが、これを使ってどのようなショートショートが書けそうかメモ帳変わりに書き残しておく。

     宇宙人とのファーストコンタクト
     円盤から下りてくる宇宙人
     政府の人間が「どのような目的でいらしたのでしょうか。我々は交友を望んでいます」と尋ねると
     宇宙人からの返答は「我らが唯一神ポニャルポテットの教えを広めにきた」
     地球では改宗するべきかどうか大議論が起こるだろう
     宇宙人が宣教師という形だ

     宇宙開拓時代
     宣教師が未知の惑星へ向かい宗教を広めようとする
     宣教師の教えに耳を傾け、宇宙人が尋ねる
     「それでそのキリストというのは頭が幾つあったのだ」
     異質な生態系、文化に宗教を広めようとするのは面白い試みである
     日本に最初にキリスト教を広めた宣教師は如何にして説いていたのだろうか。気になるところである

     星新一も新たな惑星にテレビを普及させようと奮闘する物語を書いていた。宗教を普及させようと奮闘する物語も面白いかもしれない

     新たな惑星を見つけ、宇宙船から探検隊が続々と出てくる
     最後に出てきたのが牧師姿の人物
     原住民と出会えば改宗させようという魂胆だ。また、人間の葬儀にも役立つ
     これはショートショートというよりも一枚絵にした方が面白味がある

     ロボットに向かってキリストの教えを説くという一枚絵も良いかもしれない。既に誰かが書いていそうだ



     この宇宙人と宣教師というアイデアを深く考えて行けば良いショートショートが書けるかもしれない。
     今日のところは大雑把に浮かんだものを書き殴ったが、時間があるときにでもショートショートになりそうなものを考えてみよう。
    スポンサーサイト



     星新一賞なる文学賞の募集が7月25日より開始される。
     募集条件は1万文字以内であり、「あなたの理系的発想力を存分に発揮し読む人の心を刺激する物語を書いてください」とのことだ。応募締め切りは10月31日。

     星新一の大ファンであり、ショートショートを心から愛する私にとってまさに理想的ともいえる文学賞が創設された。理系的発想と、星新一賞にも関わらずSFにこだわっている点が私としては気に食わないが(星新一はSFショートショートを作品として沢山残しているが、様々なジャンルをその奇抜な発想で書いているため、理系的発想と限定するのではなく、ジャンルを問わずショートショートの募集をするべきだった)、今こそかねてより出し惜しみをし過ぎて錆ついている本気というものを出すときがきたのではないだろうか。
     
     まずは7月25日までに一作品完成させることを目標にする。

     そして、アイデア帳とにらめっこをして、二作品目にどれを作りあげて送るべきかを吟味することにしよう。

     今こそ……我が秘められし力を……解き放つ刻がきた……
     イッツアエイプリルフール!!
     というわけで、前回の言葉を忠実に守り、本日は気分転換がてらショートショートを書いていくことにする。

     監視社会を強化していけばどうなるだろうかと考えた。
     街中に監視カメラを設置した社会があったとする。

     しかし、監視カメラを至るところに設置したところで誰がそれを見るのか。
     事故が起こった後に犯人の特定を容易にすることは可能であるが、事故を防ぐことはできない。
     暇人のための道具や悪用されるのが関の山だろう。

     そこで私が考えたのは、大衆により監視カメラを監視してもらえばいいのではないだろうかということだ。
     監視カメラに映った犯罪行為を通報することにより、その犯罪に応じた懸賞金が貰えるという制度を作り上げ、
     軽度の犯罪行為であろうとも、監視カメラの映るところで行えばすぐさま通報され罰金となる。
     その罰金は懸賞金や維持費に変わり、循環が可能となる。
     次第に維持費を保つために軽度の犯罪であろうとも罰金が鰻登りになっていくことは間違いない。
     ゴミのポイ捨てであろうと何万という罰金が取られるようになるだろう。
     犯罪をなくすため、社会を成り立たせるためには仕方のない犠牲である。犯罪をしなければ問題ないのだ。善良だと自負している市民の声は強い。

     上記のような監視社会が高まれば、このようなことが起きるのではないだろうか。
     専業主婦は夫が仕事に出かけた後に暇な時間で出来る。
     その暇な時間に監視カメラを眺めることにより、小金稼ぎが可能となる。
     誰かが不法投棄するところや万引きするところ、コンビニやスーパー、道路に至るまでありとあらゆる場所が家の中で一望することができる。
     全国をどこでも眺めることができるといっても普通の人であれば自分の住んでいる街を監視するだろう。
     街の自治をしていることで自尊心を高めることができ、この街では直ぐに通報されることが知られれば防犯にも役立つ。

     通報の際にもルールを設けなければならない。
     通報した人全員が同等の金額を貰えるのであれば、グループによる懸賞金目当ての通報が相次ぐ。
     これを解決させるために、通報があった人数によって懸賞金が分けられるようにするのだ。
     勿論、一番最初に通報した者には特別のボーナスをつけることによって、グループ形成を防ぐ。

     そういった具合に監視社会を形成した上で、どのような問題が起きて行くのかを考え、物語にしなければならない。
     夫が外出した後に妻はこの監視社会を説明しつつ、監視カメラを覗く。
     

     (適当に更新中です。また後ほど見に来てください)