FC2ブログ

    報告

    ここでは、「報告」 に関する記事を紹介しています。
     どうも、私です。
     エロゲ制作の方はどうなっているのかと聞かれたので、正直にお答えしますが、まるで進んでおりません。本当にどうしようもない私です。腹を切って詫びます。つまりは自腹を切る。自腹を切ってちょっくらアイスでも買ってきます。ここは豪華にハーゲンダッツでも買ってこようかな!

     なんとなく紺屋高尾を実際に演じてみようかと思いやってみたが、アカン。
     どうにも感情が高ぶってしまい、目が赤くなって涙を流す。それほどまでに役にのめり込んでいるといえば聞こえはいいが、他人に見せる分には見苦しいったらありゃしない。感情が高ぶっても涙を流さないようにする練習が必要だ。
     どうしたものかと、いっそのこと涙が枯れるまで流してみればよいのではとやってみたが、止まらない。延々と涙が出てきてもう何が悲しくて泣いているのかわけが分からない。いい歳した大人がわんわん泣いている様があまりにも無様で本当に泣きたくなってくる有様。
     では、涙が出ないように演技を抑えてみてはと思いやってみたが、どうにもしっくりこない。声を震わせて喋るところで真実味というかリアル感が足りない。単純に私の技術不足である。

     涙がぎりぎり流れないところまで感情を高ぶらせ、それでもって演技をする必要性がある。もう開き直って目を赤らめて涙を流しながら演技をしても、高尾と久蔵はどちらも涙を流す場面があるので問題はないのはないとは思うのだが、聞いている人の涙を頂戴しようとしている感が前面に出る恐れがあるので、そこら辺が難しい。
     誰かの前で披露して、それでもって涙を流した方が演出的に良いのかどうかを聞けばいいのだろうが、そんな奇特な友人を私は持っていないためどうしようもない。

     なにはともあれ、誰に聞かせるわけでもなく紺屋高尾を練習しているという報告であった。

     さて、そろそろエロゲ制作をまた再開しましょうかね。
     本編の方は行き詰って筆を止めてるけど、サイドストーリーの方は無駄にかなり進んでいる。むしろこっちが本編なのではないだろうかと思う程に。

     それでは今日はこの辺でさようなら。ハーゲンダッツおいしいです。自腹を切ったかいがあったぜ!
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する